腹式呼吸とは?

腹式呼吸とは?

胸式呼吸と腹式呼吸を比べる

呼吸法については諸説あるのですが
当サイトでは、「腹式呼吸」と「支え」
を元にした発声方法を紹介していきます。
腹式呼吸を理解するために、胸式呼吸と
比べながら仕組みを理解してみましょう。

 

 

肺と横隔膜の動きを図にしました。
これを参考に胸式呼吸と腹式呼吸の
違いを確認してみましょう。
どこが広がったり、狭くなったりして
空気が入ったり、出たりするのか
確認してみてくださいね。

 

さらに、胸式呼吸と腹式呼吸の
理解のために、確認しておきたい項目を
表にまとめました。この項目を認識すれば
胸式呼吸と腹式呼吸の特徴を
理解しやすくなります。

 

 

胸式呼吸、腹式呼吸の特徴

項目

胸式呼吸

腹式呼吸

やっている時 主に普段の生活時、呼吸の荒い時 リラックスしている時、睡眠時
使うところ 肺の上部、肋骨の筋肉 肺の下部、横隔膜
見た時の特徴 肩が上下する 胴まわりが膨らむ
息の止め方 声門閉鎖(声帯を閉じる) 横隔膜の緊張(横隔膜が下がったまま)

少し補足をしてみます。
胸式呼吸は肋間筋(肋骨の筋肉)を使い
肺の上部が拡張し、空気が入ります。
肺の上部に空気が入ることで膨らみ
肩が上がって見えるのです。
特に息が荒い時にわかりやすいです。

 

 

一方、腹式呼吸ですが
横隔膜という筋肉が縮まり、
肺の下部が下に広がります。
ここに空気が入り、その下にある
内臓が下に押されて骨盤と
挟まり胴まわりが膨らむ、
という仕組みです。

 

 

発声には腹式呼吸が良い?

発声には腹式呼吸が
良いということを
聞いたことがある方もいるでしょう。
その根拠は息を止める仕組みにあります。
息を止める時に、体のどこを使って
息を止めるのか、ということです。

 

 

上記の図で、青い丸で囲んだ場所が
息を止める場所となります。
胸式呼吸の場合は「声帯」
腹式呼吸の場合は「横隔膜」
これが重要なポイントです。

 

 

声を出す体の器官は「声帯」です。
この声帯に声を出す以外のことを
させないようにするためには
どちらの呼吸が適しているでしょうか。

 

 

もうお気付きかと思いますが
胸式呼吸は息を止めたりする
息のコントロールを声帯を
使ってコントロール
しているんですね。
これでは声帯は発声に専念
できない。声帯の疲労、負荷も
大きくなります。

 

 

腹式呼吸であれば、
息のコントロールを横隔膜で行います。
この時に声帯は息のコントロールを
しなくて良いので、発声に専念できる
という訳です。これが、発声には
腹式呼吸が良いとされる根拠です。

 

 

呼吸の仕組みの理解について

あまり意識したことのなかった
呼吸について特徴を理解して
もらえたのではないかと思います。
特に分かりやすい特徴は、
肩が上がる呼吸か、胴まわりが
膨らむ呼吸かということですね。

 

 

普段の生活の中で、今はどの呼吸に
なっているかを意識したり、
他の人の呼吸はどうなっているかを
意識するだけで、だんだん呼吸の
違いがわかり、自分の状態も
わかるようになってきます。

 

 

無意識に行ってきた呼吸を
意図的にコントロール
していくにはこのような意識が
非常に大切です。呼吸の特徴や
息の止め方など気にしてみるのも
おすすめです。

 

 

>>「腹式呼吸をできるようにする!」へ進む

 

音痴直すTOPページに戻る