ステップ5 メロディのリズムを身につける

ステップ5 メロディのリズムを身につける

まずはきちんと曲を選びます

練習曲を選んでいきます。
前回のステップ4にも通ずるところですが
曲選びも重要です。ここは前回と
重複にもなるので不要な方は
次の項目まで読み飛ばしてもOKです。

 

 

おすすめ曲を先に書いておきます。
男性
スピッツ「空も飛べるはず」
スマップ「夜空ノムコウ」
レミオロメン「太陽の下」

 

女性
大塚愛「プラネタリウム 」
木村カエラ「バタフライ 」

 

 

自分で曲を選びたい!という方へ
曲選びのポイントをまとめておきます。

テンポがあるものを選びます。
1,2,3,4とカウントが数えられる
4拍子の曲を選んでおきます。

歌のメロディは細かくなく、ゆったりした
メロディの歌を選んでおきます。
カラオケも用意できると尚良いです。

 

 

メロディのリズムを理解する秘密

メロディのリズムを理解する
秘密の方法をお伝えしていきます。
方法は下記に書出しておきます。

 

 

やり方


練習曲を聞きながら曲に合わせて
カウントを「1,2,3,4」と
声を出し、数え続ける
(可能な限り曲にカウントを合わせて行う)

 

 


慣れてきたらカウントの数字の間に
「ト」を発音する
「イチト・ニイト・サント・シイト」
(可能な限り曲にカウントを合わせて行う)

 

 


歌詞の発音されているタイミングが
「イチト・ニイト・サント・シイト」の
どこで発音されているか意識して繰り返す

 

 

分かりにくい場合、長く伸ばして
発音する部分は発音し始めの
タイミングのみ意識しましょう。

 

 

繰り返し行いますが、はじめは
一回につき1番だけで良いです。

 

 

ポイント
「イチト・ニイト・サント・シイト」の
「イ ト・ニ ト・サ ト・シ ト」の
タイミングでほとんどのメロディーが
配置(発音)されていることがわかります。
(中の文字はわざと抜いています)
これが秘密の部分です。

 

 

これでメロディー、すなわち歌詞の部分
歌う部分、声を出すタイミングが
意識できたということに
つながっていきます。
(ここは最大のポイントです)

 

 

この部分を理解しながら
何度かこのトレーニングを
繰り返し行ってみてください。
発音するタイミングが
理解できるようになります。

 

 

ここまでのトレーニングでは
まだ声は出しません。
タイミングを理解することに
集中してトレーニングしておきましょう。

 

 

さらに、サイドステップで体を
動かしながらできるようになると
ゴールは近いです。
サイドステップが分からない方は
ここをクリックしてください。

 

 

何度も繰り返すたびに少しずつ
次の音がどのタイミングで鳴るか
予測がついてくると思います。
これがコツ、ポイントになるので
ある程度予測がついてくるまで
確認しながらやってみましょう。

 

 

いよいよ声を出します

ここまで出来るようになったら
サイドステップでリズムを取ることを
続け、ラララで歌ってみましょう。

 

 

はじめは歌詞はやめておきます。
リズムを把握してタイミングよく
ラララで発音できるようにしましょう。
これも何度も繰り返しましょう。
頭でわかっているタイミングと実際に
発する声のタイミングを揃えることに
集中します。

 

 

ここまで違和感なく
出来るようになったら
やっと歌詞で歌います。

 

 

歌詞で声を出すことにも
慣れてきたら録音もしてみましょう。
はじめは、自分ではできているつもりでも
ズレている箇所があるはずなんです。

 

 

こういったきことに気付くこと
そして気付いたことを意識して
トレーニングをしてみること、
この繰り返しが重要です。

 

 

ここまででリズム編を終了しますが
何かあればご質問等お気軽に
ご連絡くださいね。

 

 

>>「腹式呼吸とは?」へ進む

 

音痴直すTOPページに戻る