ステップ4 曲に合わせてリズムをとる

ステップ4 曲に合わせてリズムをとる


 
ここからは、いよいよ実際の曲で
やってみようと思います。
曲のリズムが理解できるようになる
効果的なトレーニングを行います。

 

 

曲を使ったリズムトレーニング方法

まずは曲選び。
曲選びも重要で、色々曲はありますが
テンポがあるものを選びます。
男性であればスピッツ「空も飛べるはず」
でも良いですし、スマップ「夜空ノムコウ」
なども良いですね。

 

 

女性の場合は大塚愛「プラネタリウム 」
木村カエラ「バタフライ 」が良いですね。
などおすすめです。早すぎず、遅すぎない
曲を選んでおいてください。
可能であれば上記の中から
曲を選ぶのをおすすめします。
カラオケも用意できると尚良いです。

 

 

自分で曲を選ぶ場合は
1,2,3,4とカウントが数えられる
4拍子の曲を選んでいてください。
歌のメロディは細かくなく、ゆったりした
メロディの歌を選んでおきましょう。

 

 

トレーニングの概要説明ですが
選んだ曲を流し、リズムに合わせ、
ひたすら身体を動かし、カウントを数える
ということを行います。

 

 

カウントの数え方は
「1,2,3,4」の数字に「ト」を付けて
「イチト・ニイト・サント・シイト」
「ト」も発音しながらやっていきます。
慣れないうちは「ト」で声を大きくし
特に意識するようにしましょう。

 

 

「ト」は非常に重要なポイントです。
今までは「ト」のリズムをあまり認識
していなかったと思いますが
「ト」のリズムを認識できる
ようになると、リズムを細かく感じる
ことができるようになるのです。

 

 

身体の動かし方ですが
サイドステップでリズムを取ります。
サイドステップが分からない方は
ここをクリックしてください。
(YouTubeのサイドステップ動画、
前半を参考にしてください)

 

 

ステップでの足の位置ですが
下記の通りになるようにしてみましょう。
「1, 2, 3, 4」
 ↓  ↓  ↓  ↓ 
「右, 左,  右,  左」(着地足)

 

 

 

トレーニングを行うときの注意点も
2点あげておきます。
1.リズムの練習時はリズムだけに集中する 
これは歌うこと、音程などは考えず
リズムのトレーニングに集中し、
リズム感覚を身に付けやすくするためです。

 

 

2.イントロ、間奏、エンディングも
手を抜かずに行う
特に間奏ですが、トレーニングが
十分でないと、間奏後に歌が始まっても
リズムが取れなくなります。

 

 

余談ですが、歌を作品と考えた場合
エンディングの音が終わるまで
曲は終わりではありません。
最後までリズムも取ります。
(これは、気軽なカラオケなどは、
当てはまらないので、参考までに)

 

 

上記まで記載した内容をポイントに
トレーニングをやってみてください。
何度も繰り返すことで、自然に体が
動くようになり、カウントが楽に数えられ
リズムに乗れてくるようになります。

 

 

何事も地味な練習の繰り返しが
一番大切。がんばってトレーニングを
行ってみてくださいね。
成果は必ず出てきます。

 

 

>>「ステップ5 メロディのリズムを身につける」へ進む

 

音痴直すTOPページに戻る